CentOS 6.2 jdk7インストール

oracleのサイトからjdk-7u71-linux-x64.rpmをダウンロード

 

サーバーへアップして

#  rpm -ivh jdk-7u71-linux-x64.rpm 

 

/usr/javaへインストールされている

# ls -l /usr/java/

 

alternatives への Java 7 の追加 優先度はバージョンにしておく17071

# alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/default/bin/java 17071

 

alternatives のパラメータの意味は以下の通りです。

パラメータ1 : 登録するリンク ex.) /usr/bin/java
パラメータ2 : 登録先する名前 ex.) java
パラメータ3 : 実際に実行するパス ex.) /usr/java/default/bin/java, /usr/java/jdk1.7.0_21/bin/java
パラメータ4 : 優先度 ex.) 17021

 

 

alternatives 変更結果確認

# alternatives --display java

 

使用する Java の変更

# alternatives --config java

2 プログラムがあり 'java' を提供します。

  選択       コマンド
-----------------------------------------------
   1           /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk.x86_64/bin/java
*+ 2           /usr/java/default/bin/java

「+」が現在使用中の Java、「*」が優先度が一番高い Java

 

環境変数設定

~/.bash_profile へ追加

# Java home
export JAVA_HOME=/usr/java/default

 

変更した ~/.bash_profile を有効化します。

# source ~/.bash_profile

 

 

 

 

参考サイト